慣れない育児に日々奮闘しながら産後の抜け毛を経験した話


産後

38歳 女性 主婦の体験談


32歳の時に初めて出産をしました。

慣れない育児に日々奮闘していました。

3時間ごとの授乳で夜も満足に眠れない日が続く中、初孫に舞い上がった義母がやってきて、我が家に1週間ほど滞在しました。

ただでさえ寝不足なのに義母の相手もしなくてはならず、ストレスと睡眠不足が重なって、体はかなり疲弊していました。

そんな義母がようやく帰って、しばらくした頃の産後1か月ほど経った頃、枕に抜け毛がつくようになりました。

最初はあまり気にとめていませんでしたが、日に日に抜け毛が多くなっていきました。

髪をとかしたときにブラシにたくさん毛がついたり、床のあちこちに抜け毛が落ちていたり、肩や背中にたくさんの毛がついていたりするようになりました。

ある日、手ぐしというか、髪を手で整えたときなんかに毛がバサバサと抜けました。

ああ、これは尋常じゃないな…とこの時に初めて思いました。

義母が一週間滞在した後も、ことあるごとに義母から電話がかかってきて、それもストレスでした。

ああ、これはストレスによる抜け毛なんじゃないか…と思いました。

夫に相談して、義母にはやたら電話をかけてこないようにお願いしましたが、全く抜け毛は止みませんでした。

何か抜け毛などにいいシャンプーやサプリメントはないのかな?と思いましたが、子供はまだ生後1~2か月で、私も体がまだつらい時期でしたので、外出もままなりません。

そういったものを探したり買いに行ったりするような気力体力がありませんでした。

そんな時、ネットで抜け毛について調べてみました。

そこで、産後はホルモンバランスが乱れ、髪の毛が抜けたりすることは非常によくあることだと初めて知りました。

このホルモンバランスの乱れのほかに育児などのストレス(私の場合は義母かも)が重なり更に抜け毛が悪化することがあるそうです。

栄養面から考えると大豆イソフラボンなどがいいようなので、納豆や豆腐などの大豆からできたものや、髪に良さそうなワカメなどの海藻類を多く摂るように心がけました。

その成果があったのかどうかはわかりませんが、この時をピークにだんだんと抜け毛は減っていきました。

産後半年ほどで抜け毛はおさまりました。 このような産後の抜け毛は、ホルモンバランスの乱れによる一時的なものなのである程度の時間がたつとおさまってくるようです。

3年後に第二子を出産しましたが、この時は抜け毛は起きませんでした。


第二子ということで、体の方も慣れていたのかもしれませんが、上の子の産後が辛かったので義母にはできるだけ構わないでおいてくれるようにあらかじめ頼んで、出来るだけストレスを減らすようにしたからかもしれません。



女性用育毛剤ミューノアージュWアプローチヘアプログラムの口コミ・レビュー・評判